料金・速度は問題なし。開通までのサービスに不満あり

今回はWiMAXからソフトバンク光に乗り換えたご夫婦のご意見をご紹介します。
現在も実際にソフトバンク光を使っており、通信や料金に関しては特に不満なく使えているそうです。

ただ、契約時に不満があり、納得がいっていない部分があるので、今後利用する方には知っておいてほしいということで、ご感想をいただきました。

契約前の方は知っておいたほうが良い情報なので、ソフトバンク光を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

感想:節約目的でソフトバンク光を利用

ここからは実際の利用者の体験談になります。

結婚をして引越しを機に、それまではお互いにWi-fiルーターを持っておりそれぞれ毎月4,000円弱支払っていたので、安くできる方法を探していました。家電を買いに立ち寄ったヤマダ電機さんでインターネット環境についての案内を聞きました。

インターネットに対して全くの無知だった私たちは、引越し先が集合住宅の場合は導入できる会社が絞られるということを知りました。固定電話を引く予定だったので、電話回線とインターネット回線を一緒に申し込むとお得だということが分かりました。

話を聞いていく内に、新居に導入できる会社の中でソフトバンク光を勧められました。丁度引越し時期とキャンペーン期間が重なり、工事費用の約2万円が不要なのと、開通後にソフトバンク光から送られてくる開通証明書をヤマダ電機へ持参すると1万円キャッシュバックという2つのキャンペーンがあったので契約を決めました。

開通希望日が引越しシーズンの3月ということこもあり若干開通の時期が遅れるという旨は聞いていましたが、2月中旬に契約して実際に開通したのが4月末でした。それまでに何度かソフトバンク光へも電話をしましたが全然繋がらなく、仕方なくヤマダ電機へ説明を求めに行くと「契約後はソフトバンク光とのやりとりを」と言われました。それでも納得が出来ず、契約をしてから1カ月経っていること・電話が繋がらないことなどを伝え、状況を確認してもらいました。

実際に利用し始めると、通信速度も速くや接続状況も安定していて、不満はありません。ただ接続機器としてNTTとソフトバンク光両方の機器が届くので、接続方法は簡単ではありません。固定電話も近くに置きたかったので、2つの機器が届いたことにより想像していたよりもスペースを取られました。

インターネット環境については全く不満はありませんが、それまでの対応が良いとは言えませんでした。これから導入を考えている方は、まずキャンペーン期間中なのか、また開通時期までに余裕があるかを確認した方が良いかと思います。もしくは契約時に必ずこの日までに、という約束を取り付けることが可能なら行った方がいいかもしれません。

まとめ:申し込み時期と窓口を失敗しないコツ

今回のご夫婦は、ヤマダ電機からソフトバンク光を申し込んだということでした。

開通まで2ヶ月かかってしまったのは、かなり不満を感じているようですが、3~4月はソフトバンク光に限らず、どの回線も開通が遅れがちです。
これは工事業者と日程調節がうまくいくかどうか次第なので、運が悪ければ今回の体験談のように2ヶ月程度かかるということも覚悟しておいたほうが良いでしょう。

そしてそれ以上にもったいないのが、ヤマダ電機から申し込んだということです。
実はネット上のキャンペーンサイトを利用してソフトバンク光に申し込めば、キャッシュバックの金額は2万円以上になります。
人件費などの経費が多い家電量販店では、キャッシュバックは少なくなるので、絶対にネット上のキャンペーンサイトを利用することを強くおすすめします。